エンジニアがスキルアップで独立するなら円満退職を

できるエンジニアになるためのスキルアップとは?

周囲への配慮で円満退社を心掛ける

これからフリーランスとして独立しようとするなら、今働いている会社を円満に退職する必要があります。「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがあるように、今までお世話になった会社と良い関係を保ったまま退職することは社会人としての常識であるとともに、フリーランスとしてこれから自分で仕事を獲得していこうとする人であれば周りの人間関係を常に良好にしておく必要があるからです。身勝手な行動で他人に迷惑をかけてしまうような人には、仕事は来ません。悪い噂は思っているよりも早く、広く伝わってしまうものなのです。

周囲への配慮で円満退社を心掛ける

周囲への配慮を怠らないこと

会社は規模やステージによって従業員一人ひとりのウェイトが違うものです。また、これまでやってきた仕事内容やポジションによってもそのウェイトが異なります。誰でもできるような単純作業ばかりしていた人が辞めていっても会社にとって受ける影響は少ないかもしれませんが、管理職などの重要なポジションであったり、少数精鋭で仕事をしているような会社であれば一人社員が辞めるだけで多大な影響を受けることになります。少なくとも、業務状況を判断しながら今抜けたら困るであろう繁忙期などは避け、できるだけ早くに上司に話をするべきです。また、同僚や部下への配慮も忘れてはいけません。仲間に迷惑をかけるような人はフリーランスとして成功することはないでしょうし、一緒に働いてきた仲間から良い評判を得られない人もフリーランスとして成功することはないでしょう。

フリーランスは人脈が命

フリーランスになって一番困ることは、仕事の確保です。会社員とは違い仕事がなければ収入もなくなります。生きていくためには必ず仕事をしなければなりません。会社員では、上司から仕事の依頼や指示が来るでしょうが、フリーランスは全て一人でやらなければならないのです。仕事に困らないようにするためには、人脈が一番力を発揮します。今まで働いてきた中で知り合った会社や他社の人はたくさんいるはずです。さり気なく独立することを案内して何かあったときに思い出してもらえるようにしておきましょう。ただし、相手が今働いている会社のお客様であるなら注意が必要です。お客様を奪って退職することは一番のご法度です。周りから恨まれる行為は絶対にしてはいけません。お客様の方からあなたに仕事を依頼したい言ってきてくれる分には問題はないでしょう。それだけの信頼関係を構築することができているなら、あなたのフリーランス人生は安泰といっても過言ではありません。