スキルアップしたいフリーランスのための案件の探し方

できるエンジニアになるためのスキルアップとは?

仕事に困らない案件の探し方

独立したフリーランスの魅力は、やはり自分で仕事を選べてスケジュールも自分で調整できることですが、その仕事を確保することも自分でやらなくてはいけません。技術者でありながら、仕事をとってくる営業の役割も必要なわけです。仕事が常に途切れないように案件を探していくこと、それもただこなしていくだけでなく、収入を得つつスキルアップしていかないと行き詰っていきます。そういう案件の探し方とはどのようなものがあるでしょうか?

仕事に困らない案件の探し方

エージェントを介して案件を紹介してもらう

仕事を仲介してくれるエージェントサービスに登録することで、エージェントを介して案件を探すこともできます。案件が成約したときには仲介手数料を支払うことにはなりますが、クラウドソーシングでも手数料は発生しますし、エージェントが単価については依頼主と交渉を行ってくれるので、結果的には個人で交渉をするよりは手取り額が高くなるときがあります。
何よりも、エージェントがこちらのスキルや要望などを把握したうえで案件を紹介してくれるので、自分で探すよりも的確な案件を紹介してくれるという期待がもてます。また、そういった個々の案件のみならず、以降フリーランスとしてどういうスキルを身につけてステップアップしていけばよいかといった相談もできます。
あれこれやってみてからエージェントについて検討してみるのも構いませんが、独立してその方向性が自分でも定められていないときこそ、第三者の目から見てもらうのも有用かもしれません。

レバテックフリーランスにしかない非公開案件も多数保有しています。充実の案件数と安心のバックアップ体制で、ご希望に沿った案件がきっと見つかります。

引用:レバテックフリーランス
キャリア相談や参画中のフォローなど、フリーエンジニア案件の提案だけでなく徹底的なサポートを受けられます。
レバテックフリーランス

とにかく自分で探してみる

独立してすぐのときは、たとえば前職での個人的なつながりや、友人関係からの紹介という形が多いかもしれません。こちらのできることやスキルを知っているわけですから、向こうにその気さえあれば話は早いでしょう。また、フリーランスやSOHOの活動を支援する団体などもありますから、そういったものに参加することも方法のひとつでしょう。異業種交流会などのイベントで新たな人間関係を構築して、そこから案件のお話をいただくことも考えられます。ネットを活用して、ホームページから問い合わせを受ける、SNSで自分を売り込む、といったこともあるでしょう。
ただ、こういった形で個人間による案件を受けた場合、特に友人関係の場合にありがちなのは、契約関係があいまいになってしまうことです。そういったことからトラブルにもなりやすく、逆に友人関係を壊すことにもなりかねません。

Webサービスを利用する

さて、そういう個人のツテを使わないのであれば、クラウドソーシングなどのWebサービスを利用する方法があります。登録する前にでも募集されている依頼は確認できますので、利用したことのない方は確認されるとよいと思いますが、常に案件はいくつも募集されていて、数が多いのでそれなりに自分に適したものを見つけることができます。こういったサービスは依頼する側にもハードルの低いものではあるのですが、そのために依頼者の経験・スキルが少ないことで、やりとりに無用なコストを使ってしまうことがあります。また、作業費用を安く済ませるためにこういったサービスを利用している依頼主もいるので、作業単価が非常に抑えられていることもあります。
誰でもできそうな依頼はやはり単価が安く、単価が高いものについては逆に取りあいになって受けることができない、というケースも多々見られます。良い案件を継続的に得ていくのは少し難しいかもしれません。