スキルアップはキャリアにつながる!フリーランスという選択肢

できるエンジニアになるためのスキルアップとは?

フリーランスはスキルが報酬になる

企業に勤めるエンジニアと独立して個人で仕事をするフリーランスのエンジニアとの大きな違いは、自分のスキルが直接評価に繋がり、その評価が報酬に繋がるということです。会社員であればいくらスキルが高くても給与に直結することは少ないでしょうし、スキルが高いからといって昇格できるわけでもありません。フリーランスになれば会社のしがらみに縛られることなく、自分の能力を好きなように発揮することができるのです。ただし、会社員エンジニアと違い営業やスケジュールの調整なども自分でやらなければなりません。エンジニアの多くがクライアントとのコミュニケーションを嫌がる傾向があります。これらが苦にならない人はフリーランスのエンジニアに向いているといえるでしょう。

フリーランスはスキルが報酬になる

フリーランスは仕事の幅が広がる

会社員であれば自分の好きな分野の仕事だけをするということはできません。会社の都合や上司のさじ加減で与えられる仕事は異なり、苦手なものや興味のない仕事であってもやらざるを得ません。しかし、フリーランスとなれば自分に仕事をこなすスキルさえあればどんな仕事でも自分の意志でできるようになるのです。得意分野の仕事だけを選ぶことも可能になります。新しいことにチャレンジしたい人であればリスクは自分で取ることにはなりますが、次々にチャレンジしていくことも可能となるのです。
また、多くの会社員は副業が禁止されていますが、フリーランスとなればそれも自由になります。空き時間を利用してセミナーを開いたり、企業のコンサルティングを受注したり、仕事が無くて困ったときにはアルバイトをしてもとにかく自由なのです。たまにはITから離れた仕事も取り入れたいというエンジニアにはうってつけの働き方なのです。

フリーランスになれば収入が上がる

もちろん、一概には言えませんが、統計的にはフリーランスになることで多くのエンジニアの収入が上がっているようです。仮にエンジニアのスキルが高く他の2倍仕事ができたとしても会社員であれば2倍の給与を得ることはできません。しかし、フリーランスであればそのまま収入が2倍になるのです。フリーランスは経費なども自分で支払わなければならないので全てが給与とはなりませんが、エンジニアという職種であれば必要になる経費も少なく利益率が高い商売といえます。そのため、やったらやっただけ収入が上がるといえるのです。また、前述のとおり、開発案件以外にもエンジニアが活躍できる仕事はたくさんあるものです。仕事の幅が広がればその分収入も上がっていくのです。