中堅・ベテランエンジニアはスキルアップの成果をキャリアにつなげる

できるエンジニアになるためのスキルアップとは?

ベテランエンジニアにおすすめの記事

ベテランエンジニアの落とし穴は過信です。自らの影響力やスキルを過信することで、孤立していきます。エンジニアはビジネスマンであるという意識を改めて持ち、自分の能力を正しく理解することでその落とし穴は回避できるのではないかと思います。ベテランエンジニアとして高いスキルを身につけた上で、今の労働環境ではキャリアが停滞すると判断できるのならば、転職や独立などを真剣に考えることをおすすめします。キャリアは停滞させてはいけません。

フリーランスはスキルが報酬になる

フリーランスはスキルが報酬になる

スキルと知識もさることながら、経験とノウハウがベテランエンジニアの強みです。経験に裏付けられた実践的スキルが現場で力を発揮することがどれほど多いことか。長くひとつの会社に勤めているとスキルと収入の上がり具合はまず比例しません。あまりにもズレがあると感じる場合は転職によってバランスが取れる可能性が高いです。それ以上の報酬を求めるとすれば、フリーランスとして独立という選択肢が見えてきます。ベテランエンジニアとしてはどこまで高い評価を勝ち取れるかが勝負のしどころといえるでしょう。

くわしく見る

仕事に困らない案件の探し方

仕事に困らない案件の探し方

いかにベテランであっても、フリーエンジニアとして独立するにあたっては仕事を獲得し続けなければフリーエンジニアとしての生き方は継続できません。仕事が獲得できなければせっかくのスキルを発揮するチャンスもなく、当然収入も得られません。そのリスクこそが独立を思いとどまらせる大きな要因であることは確かです。仕事に困らない案件の探し方を知り、使えるものは徹底して活用してフリーエンジニアとしての生活を安定させましょう。

くわしく見る

信頼を築くためのコミュニケーション

信頼を築くためのコミュニケーション

ベテランエンジニアともなれば現場作業者というよりもマネージメント色の強いポジションに立つことが多くなるでしょう。その際に必要なものが「コミュニケーション能力」です。ビジネスシーンで使われるコミュニケーションスキルとは誰とでも仲良くできる社交性のことではありません。コミュニケーションスキルという単語のみが一人歩きし意味を取り違えている方も多いのではないのでしょうか。エンジニアにとってのコミュニケーションとは、いかに相手にわかりやすく伝えるか、相手が何を伝えたいのか、お互いの認識を合わせることです。

くわしく見る