エンジニアに必要なスキルアップを考える

できるエンジニアになるためのスキルアップとは?

必要なスキルとは

スキルという言葉は様々な要素が含まれていてかなり曖昧なものです。システムエンジニアという職種自体も様々な要素が含まれていてぼやっとした印象があるため、システムエンジニアとして活躍するために必要なスキルは?と問われてもなかなか答えることができない方も多いのではないでしょうか。
システムエンジニアとして活躍しキャリアを積んでいくために、スキルを高めることは必要不可欠な行動となります。必要なスキルはそのシステムエンジニアが置かれている状況によって異なってきますが、システムエンジニアが最低限身につけておきたいスキルについて説明していきます。

必要なスキルとは

知識的・技術的なスキル

プログラミング言語が読み解ける、システムにおける難解な概念を理解することができる、などは知識的・技術的なスキルとなります。このような知識的・技術的なスキルは業務を遂行する上でなくてはならないものとなることがままあります。そのため、企業に雇われる場合もフリーランスとして働く場合も、使用者側はそのシステムエンジニアが持っている「資格」を重視することが多くあります。資格とは、一定の知識をそのシステムエンジニアが所有していることを客観的に証明してくれる最たるツールです。自分が目指すシステムエンジニア像を思い描き、その姿にふさわしい資格を取得することはシステムエンジニアとしての収入アップにもつながることでしょう。

考え方もスキルのひとつ

スキルというとできることできないことという「技術」に焦点が行きがちですが、最近ではシステムエンジニアが持つ「考え方」もスキルのひとつと見なされる傾向にあります。システムエンジニアに求められる考え方は、何をおいても論理的であるということです。最近では、この論理的な思考能力を問うような試験問題も多くの資格試験で出題されています。前述した通り、資格の取得はシステムエンジニアとしての収入を向上させる手助けとなりますが、こういう種類の「考え方」のレベルを証明してくれる資格はよりその効力が高いといえるでしょう。資格取得のための試験勉強をしているうちに、このような「考え方」が身につくのも資格を取得するメリットの一つです。
また、クライアントや一緒に働くチームのメンバーに起こっている状況や改善案を正確に伝えることができるスキルもシステムエンジニアに必要とされるスキルの一つです。一般的にコミュニケーション能力と呼ばれ、どんな仕事をするにあたっても必要になる能力となりますが、難解な用語や複雑な概念が多いシステムエンジニアの仕事にあたっては特に重要となるスキルとなります。