スキルアップのための自己投資は収入の2割が目安

できるエンジニアになるためのスキルアップとは?

収入の2割を自己投資

エンジニアが「使えるエンジニア」であり続けるためには技術や知識を吸収し、成長し続けることが必須です。そのようなスキルアップは、ただ漫然と目の前にある仕事をこなすだけでは不可能です。過去に経験したことのある仕事は確かに楽で効率もいいかもしれません。が、逆に成長のための経験とはならないでしょう。そこで必要なのは、自身に投資を行うことです。単に技術の勉強をするだけではなく、人間関係を広げていく、深くしていくといった他者との交流も含まれます。それらににお金をかけていくことで自分の資産が増える、というわけです。会社も設備や人材にお金をかけることで営業活動を広げていけるわけですが、それと同じようなものです。では、この自己投資にはどれぐらいのお金をかければいいのでしょうか?月に1万円あればいいでしょうか?それとも5万円?いえ、それは個人によって異なるものであり、「これだけ投資すれば充分」とは言えません。

収入の2割を自己投資

適切な目安は「2割」

たとえば部屋を借りるときは収入の「3分の1」を目安にする、と言われていますが、この割合が適切かどうかは人によって感覚が違うかもしれません。身の丈に合ったレベルや自分に本当に必要な程度を測る尺度として、収入に対する割合というのがわかりやいのだと思います。
スキルアップするにあたり、私のおすすめしたい割合としては収入の2割です。例を出すと、駆け出しエンジニアの収入が月20万であれば4万円、中堅エンジニアで月50万であれば、10万円になりますね。一見、高く設定された割合のように見えるかもしれませんがこの金額には単に勉強に使う金額だけでなく、交流のために用いる費用も含まれています。そのほか必要な機材の購入などもそうです。
また、お金についてだけではなく、「時間」についても生活時間の2割をあてることを目安にしてみてください。これも多いように思うかもしれませんが、少し起床時間を早めてみるとか、ダラダラした時間を無くすなどすれば睡眠時間を無理に減らしたりなどせずとも実現できるはずです。

収入全体の1%を書籍の購入に

具体的な金額でいうと、月20万の収入であれば2千円ほど毎月専門的な雑誌を買うなど書籍の購入にあてるのもよいでしょう。もう少し収入が増えればより高度な単行本を1冊購入してもいいかもしれません。もしかすれば「毎月に1冊?」と少ないような印象を受けるかもしれませんが、きちんとすべてマスターしていくとしたらどうでしょうか?まるまる本一冊の知識と技術を身につけるというのは大きな成果です。漫然と読んで本棚に並べておくだけでなく、理解して自分のものにすることが重要です。本ではなく、情報はネットで得られるとお考えの方も中にはいるかもしれませんが、断片的な情報は確かにネットで検索するのが便利です。が、体系づけられた情報をまとめているという点で書籍に勝るものはありません。いくらネットが発展してもコンピューター関連の書籍が減ることがないのがその証拠です。