スキルアップで価値を高めるために

できるエンジニアになるためのスキルアップとは?

価値を高めるために

できるエンジニアとして長くキャリアを積んでいくためには、今の状態のまま仕事を続けているだけでは十分ではありません。キャリアを積み重ねるためには、スキルアップを目指す必要があります。しかし、普段から多くの仕事を抱えているエンジニアだと、スキルアップするために必要な調べ物や勉強などをするための時間をまとめて確保するのは難しい場合が多いと思います。それでも1日の時間は限られているため、その限られた時間の中で仕事とスキルアップを両立しなければなりません。そこで、エンジニアとしての価値を高めるために隙間時間を有効活用するという方法を取ることをお勧めします。数時間というまとまった時間を作ることは難しくても、仕事や私生活を送る中での隙間時間はいくらでもあると思います。隙間時間は数分間というかなり短い時間ではありますが、それを毎日繰り返していくことで、最終的にスキルアップのために費やした時間はかなり多くなるのです。

価値を高めるために

休憩時間を使って色んな人の話を聞く

優秀なエンジニアの多くは、ランチの時間や休憩時間をスキルアップのために費やしています。スキルアップのためには情報収集が必要になりますが、情報収集は人との会話の中でするのが効果的です。ランチの時間であれば、いつも一緒に食事をしている人だけでなく、あまり話したことのない人とも話してみると良いでしょう。こうすることで、今まであまり聞くことのなかった情報を聞くことができる可能性が上がります。また、ランチだけでなく、喫煙室に行ってタバコを吸いに来ている人たちと話をしてみるのも効果的です。同僚と話をするのも良いですが、上司と話をすることが出来れば、自分の知らない話を聞くことができて視野を広げることもできます。そのため、色々な人と触れ合いながら休憩時間をスキルアップに役立てることが大事です。

情報を常に手に入れるように心がける

できるエンジニアとして仕事をしていくためには、常に最新の情報を手に入れておくことが求められます。情報量が多く新しい情報も多く知っているエンジニアの方が、情報量の少ないエンジニアよりもできることは一目瞭然です。最新情報は、コンピュータ関連の雑誌を読むことや、RSSリーダーを使うことなどで手に入れることができます。手に入れた情報は、それに費やした時間を無駄にしないためにも、しっかりと覚えることが必要です。ただ読んで覚えるのでも良いですが、情報をノートに書きだしていつでも確認できるようにしておくのも良い方法だと考えられます。普段から小さなことでも情報を収集する癖をつけておくことで、短い隙間時間しか取れない日が続いたとしても、その時間を無駄にすることなく有効活用できるようになります。